“ワイルド ワイルド ウエスト” で CaaS キャンプファイヤーを

「全ての物をコンテナで」を採用するために燃え盛っている炎にガソリンガ絶え間なく投入されいるので、特に新興の Containers-as-a-Service (CaaS) 市場でのコンテナ エコシステムでサービスを提供する競争ははまるで “ワイルド ワイルド ウェスト” のようです。選択肢に不足はありません:新しい会社、古い会社、大企業、中小企業、パブリッククラウド企業、プライベートクラウド企業、そしてマネージドサービス企業などです。開発者がどのようにしてコンテナの柔軟性をより簡単に採用、導入、最適化できるかについての主張を、誰もが西に向かって競争しています。では、進歩的なコンテナのユーザーが行うべきことは何でしょうか?あなたに最も適したと思われる普及したひとつのキャンプのキャンプファイヤーに参加するのに最適です。

campfire

まずは背景から

コンテナは数十年前から存在しています。私の最初の関わりは、冗談ではなく、前世紀でした。私は Solaris Resource Manager の製品ラインマネージャーでした。Solaris Resource Manager は、カーネルベースの Solaris 10 の Solaris Containersの前身です。(Solaris よ、安らかに眠れ、悲しい)。 コンテナは、同じ OS イメージ内で複数のアプリケーションを実行しながら、さまざまなシステムリソースを分離して制御するのに優れていました。Vmware が仮想化を導入しました。当初はサーバーの統合、ゲスト OS イメージの柔軟性、そして時の経過とともに高度な機能が追加されま、その他の利点をもって IT 業界を席巻しました。面白いですね、古いものが新しい。コンテナが再び流行しています。

古いコンテナと新しいコンテナの主な相違点は、私の意見では、誰が意図されたユーザーかと言うことにに帰着します。当時のコンテナはIT運用のためのものであり、リソースを調整して複数のアプリケーションを同じOSイメージで実行できるようにしました。それらは、アプリケーションの開発後に使用するように設計されていました。今やコンテナは、開発者がアプリケーションとその依存するソフトウェアをパッケージ化してより簡単に導入できるようにするためのものです。これらは、アプリケーションの開発中や導入時やライフサイクル管理中に使用するように設計されています。

ところで CaaS のキャンプはどうでしょう?

Containers-as-a-Service を使用すると、開発者は、複雑なコンテナやコンテナ管理システムの詳細に煩わされることなく、独自のコンテナベースのクラスタを作成および制御できます。本質的に、CaaS を使用すると、開発者はアプリケーションの開発とパッケージ化に集中でき、運用者は開発者に簡単にコンテナを提供できます。この目的のために、”ワイルド ワイルド・ウエスト”には、CaaS へのアプローチがたくさんあります。それぞれ、複数の企業が異なるキャンプの周りにワゴンを回しています。ここにいくつかあります:

「単一のパブリッククラウド」キャンプは、すべての主要なパブリッククラウドプロバイダで構成されています。このキャンプは、CaaS 製品を彼らのポートフォリオの中の他のクラウドサービスと共に使用することで、パブリッククラウドの1つのブランドでニーズが満たされると公言しています。お気に入りのパブリッククラウドを選ぶ場合は、あなたはこのキャンプに歓迎されます。

「新興企業のための」キャンプは、おそらく数人から十数人の開発チームを持っている小規模企業のニーズに合わせています。いくつかのテクノロジーやビジネスモデルの中で、限定された数のクラウドリソースに通じるオフ・プレミスに焦点を当てる傾向があります。いくつかはマネージドの提案であり、他はそうではありません。あなたがこの規模のプロフィールに合っていれば、このキャンプに満足するでしょう。

「プライベートで独自の」キャンプは、独自のソフトウェアに基づいたレガシー環境の拡張としてコンテナを提供します。このキャンプの CaaS は、オン・プレミスと、いくつかのオフ・プレミスのパブリック ラウド機能をに焦点をあて、古い展開モデルをクラウド ネイティブ コンテナモデルのものと橋渡ししようとしています。あなたがレガシーモデルを選んでいて、更に CaaS も必要な場合、このキャンプはあなたに適しているかもしれません。

あなたはいつでも
ミランティスのキャンプで歓迎されます

ミランティスは、コンテナやCaaSに非常に柔軟なアプローチで西方向に移動しています。Mirantis Cloud Platform は、OpenStack VM、ベアメタルリソース、ベアメタル上の Kubernetes を最初からサポートしています。MCP 上のベアメタル K8 は運用者が起動するクラスタであり、現在 MCP は CaaS を追加することで、開発者が AWS と MCP OpenStack で Kubernetes クラスタを自己管理できるようになります。

MCP-CaaS

コンテナ導入の選択肢が気に入ったら、ミランティスのキャンプが好きになるでしょう。オン・プレミスのベアメタルコンテナを実行できるだけでなく、MCP OpenStack VM インスタンス内でオン・プレミスの CaaS を実行することもできます。さらに、CaaS により、AWS インスタンス上の K8 を使用して、同じツールチェーンによって管理される真のマルチクラウド環境を構築することができます。そうです、プライベートクラウドとして知られているミランティは、パブリッククラウドも採用しています。AWS だけでなく、他のパブリッククラウドの選択肢もすぐに増える予定です。

最新のクラウドネイティブの原則が好きなら、あなたはミランティスのキャンプが好きになるでしょう。Kubernetesは、クラウドネイティブ展開とDevOps導入方式のために設計されています。MCPもそうでした。DriveTrainを通じて、MCP は漸進的な変化の継続的な提供のために設計されました。MCP CaaS は DriveTrain ツールチェーンを利用して、開発者が簡略化された Web ユーザーインターフェイスを通じて K8 クラスタを作成、サイズ変更、破棄できるようにします。クラウドネイティブの世界向けに設計されていない古い環境でコンテナを稼働させないでください。

CaaS-Create-Cluster

あなたが導入モデルの柔軟性を好むなら、あなたはミランティスのキャンプが好きになるでしょう。ミランティスは、OpsCare によってあなたの MCP と CaaS 環境を管理することができ、あるいは Mirantis ProdCare または LabCare によりエンタープライズ レベルの支援を受けて、それらを自分で管理することができます。あなたが可能な限り高い成功を収るたことを確実にするために、OpsCare があなたがアプリケーション開発と導入に集中できるようにする間、ミランティスは最高99.99%の SLA を備えたマルチクラウド環境に集中します。構築、運用、移管モデルを通じて、あなたが運用を引き継ぐかどうか、あるいはいつ引き継ぐかをいつでも柔軟に判断することができます。

選択肢はあなたが持っています。このソフトウェアは100%オープンソースです。一方、それを掻き回す必要はありません、私は火の上に別の木を入れて、あなたが私たちのキャンプに参加することを願っています。

CaaSとミランティスの新サービスについて詳しくは、10月17日の “Service Containers-as-a Service:コンテナはもはや単なる流行語ではありません” Webinar に参加してください。

追伸:これはぴったりのようだ…約4〜5歳のときに私はイカシタ車に乗っている。じゃあまた、皆さん!

JS-Child

Subscribe to Our Newsletter

Latest Tweets

Suggested Content

LIVE DEMO
Mirantis Cloud Platform
WEBINAR
Top Sysadmin Tasks and How to Do Them with OpenStack
WEBINAR
ONAP Overview